wakachan[AtelierMW]web[wakachan's ArtWorks Library]
copyright © 1987-2018 wakachan[AtelierMW] All Rights Reserved.

No.561「校舎の片隅」

No.561[校舎の片隅] 卒業式も終わり、静まり返った校舎。
毎日の放課後に集まっていた図書室も静かなもんだ。
「今日で最後かぁ…」
何故か2人だけ残っていた、しかし司書の先生も今日は既に居ないため、図書室は施錠されていた。
入り口の図書案内板の下に座り、差し込む日差しに当たっていた。
時折、窓の外を白いモノが風に巻き上げられているのが見える。
「何か舞ってる…桜かな?」
「まだ早い」
「梅?」
「にしては色が濃いな…」
「河津桜?」
「この辺には植わってない」
普段通りの会話、普段通り適当な受け流しをする俺…
「目に見える花粉…」
「や…やめて…」
あまり適当過ぎると、こーやって突っ込まれる。

別にそんな会話が、今日を境に出来なくなる訳ではない。
それぞれ進路は違うけど、家だって遠くないし、休祭日は普通に会える…が…この場所は確かに最後か…
"かりかり"
「…」
何やら壁を指でなぞって…いや、引っ掻いてる?
"かりかり"
「そこ、壁にマーキングしないっ!」
「傷…」
そこまで引っ掻くかっ!?
「なんてコトを…」
「でも、この傷付けたの君だよ?」
壁を引っ掻いていた指がこっちを向いていた。
「…は?」
「掲示板落としたよね?」
「…」
記憶をたぐり寄せる…
「…やった気がする」
何か貼ろうとして、画鋲が入り難かったから、思いっきり叩いたら…って、かなり昔の話だし、傷が付いてたなんて知らん。
「"私がやりました"って、名前書いておく?」
「何故そゆー発想になるっ!?」
相変わらず何を考えているのか判らん…

入り込む日差しの位置が少しずつ移動していく。
それを追うかのように、2人して座る位置を移動していたが、これ以上は締められたドアに阻まれ動けなくなった。
「押さないでください…」
「押してないよ?」
いや、明らかに体重かけて潰しにかかっている、そもそもその手で俺の顔をドアに押し付けてるではないかっ!
やがて日差しも床でなく壁を照らし始める。
どこから迷い込んだのか、1枚の花びらが目前にあった。
PREV >