AtelierMW Logo

wakachan[AtelierMW]web[wakachan's ArtWorks Library]
copyright © 1987-2018 wakachan[AtelierMW] All Rights Reserved.

ArtWorks Library

No.485「夕日の想い木々の想い」

No.485[夕日の想い木々の想い]それぞれの木々に寄り集まっていた小さな葉っぱ達は、その地へ離れ離れとなり散って行った。
纏いを失った木々の枝は、そんな彼らを見送り、まるで手を振るかのように揺れている。
季節は冬、散り去った葉っぱ達は、新たな緑を生み出す土壌へと姿を変え、木々もその土壌に新たな根を張り、次の纏いの準備をする。
しばしの寒い時間、そんな彼らの心情を察してなのか、夕日は暖かく全体を包み込んでいた。
「あれ?」
ふと視界に入った黄金の輝き。
「おかしいな、もう葉っぱは散っちゃっているのに…」
振り返った先に立ち並ぶ木々、私は一瞬自分の目を疑う。
「…赤い?」
夕日の黄と赤が、葉の落ちた枝を照らし出す。そしてそこには、無いはずの葉の色が黄金に輝いていた。
PREV >