wakachan[AtelierMW]web[wakachan's ArtWorks Library]
copyright © 1987-2018 wakachan[AtelierMW] All Rights Reserved.

No.319「幼少のリアルな幻想」

No.319[幼少のリアルな幻想] 今日は年に一度、お母さんと遊べる日
 お母さんは、いつものお気に入りの木陰で私の作った紅茶を飲む
 ボール投げをする、お人形で遊ぶ、お話しをする
 でも手を握れないのはなんでだろう?お顔もよく見えないの
 そしてその日も終わり、お母さんは帰っていった
 どこへ帰ったかは知らないけれど、お空に上がっていくと言っていた

 その日の話しをお父さんにする
 お父さんは痛いほど強く私を抱きしめると
 「もう寝なさい…」
 と言って私をベットへ寝かせる
 お父さんは毎日忙しい、朝も早いし、夜も遅い、
 でも今日はお家にいたなぁ・・・お母さんがいたからかしら?
 明日もまた飛行機で出張だと言っていた

 お父さんにもお母さんにも、私はなかなかゆっくり会えない、
 二人はどうやって会ってるのかなぁ…
 そういえばお母さんが帰る時に言っていた
 「もうすぐお父さんといつでもいられる様になるの」
 お父さんの乗る飛行機はお母さんの近くを通るのかしら?
 「わたしは?お父さんが出張に連れて行ってくれれば会える?」
 その問いにお母さんの答えは無かった…

 空港まで行ってしまえばお父さんも私を帰す事は出来ないだろう
 私はお気に入りの人形を持って、明日、お父さんの車に隠れて乗る
 3人で一緒に遊べる事を願って…
PREV >