wakachan[AtelierMW]web[wakachan's ArtWorks Library]
copyright © 1987-2018 wakachan[AtelierMW] All Rights Reserved.

No.359「Last Christmas」

No.359[Last Christmas] 世間はクリスマスイブと浮かれている
 今年は3日間の連休でもあったみたいだ
 イブイブなんいう言葉もラジオやテレビは連呼する
 バカバカしいやら何やら…

 カウンタにはあたししか座っていない
 隣は空席
 他のテーブルはいくつものカップル達で埋め付くされている
 たわいもない会話
 別にクリスマスだから出来ないという事でも無い筈
 言葉に躍らされているだけよね…

 でも去年までは
 あたしもそんな部類だったのかもしれない
 独りになって初めて判った事
 申し訳無かった様な
 悔しい様な
 複雑な感情が入り交じる
 なんでだろう?

 店のマスターが言う
 「クリスマスなんて昔は無かったんですよ」
 さりげなく話し掛けるマスターに振り向いた
 「ある人が生まれて始まったんでね、1日ズレてれば違う日がイブになってましたよね」
 4ビートのクリスマスソングが流れる店内
 周囲のざわめきはもう耳には入らなかった
 「始まりなんてどこにあるか判らないんですよ、それが初めての始まりか、終わりの後の始まりか…なんていうのも関係無しにね」
 「でも、それは…」
 あたしが聞き返そうとした時だった
 「いいでしょ?このクリスマスソング、はなやかなジングルベルもいいけど、たまにはこういうのも…」
 サックスとピアノ、そしてベースがラインをたどる静かなメロディが店内に響いていた。

 新しい生まれを予感して、イブの夜は過ぎてゆく
PREV >